• レンタルサーバーの用途は

    レンタルサーバーは、サーバーをレンタルで借りることができるというものです。サーバーは、ネットワーク上でパソコンやスマートフォンなどの端末同士を中継するコンピューターのことで、電子メールやホームページなどのさまざまなネットワーク上のサービスを提供するために使われるものです。サーバーそのものはネットワークに接続した状態であれば通常のコンピューターで構築することが可能です。


    しかし、サーバーは365日24時間稼働させる必要がある上にコンピューターの保守も必要であり、また重要なデータを預かるコンピューターであるため定期的なバックアップを行う必要があったり、またインターネットに接続することで外部からの攻撃にも対応しなければならないほど、自前で用意するにはコストが掛かります。

    @niftyニュースに関してはこちらのサイトをご覧ください。

    このためビジネスなどで使われるサーバーの多くはレンタルサーバーを使っているのが一般的です。


    ビジネスで使われるレンタルサーバーの用途としては、ホームページや電子メールなどの機能ですが、この他にも社内で共有すべき情報を保管しておく場所などとしても使われます。



    レンタルサーバーの費用としては、そのサーバーの性能によって異なりますが、小規模なものであれば数千円程度で運用することができます。



    それらの場合には1つのコンピューターを複数のユーザーが利用するのが一般的です。

    一方で大規模な場合には1台のコンピューターを専有して使用するのが一般的です。