• レンタルサーバーのネットワーク回線

    レンタルサーバーといっても色々な会社が扱っていますが、ネットワーク回線についても、レンタルサーバーによって違いがありますから、注意が必要になってきます。



    なぜ、注意が必要になってくるのかというと、ネットワーク回線が弱いレンタルサーバーの場合、アクセス数が急増したような場合、回線がパンクしてしまって、サービスが停止してしまうことが起こりうるからです。



    どこを見れば、ネットワーク回線が強いのか弱いのかがわかるのかというと、回線速度が10Mbps共有や100Mbps共有と記載されていれば、弱いサーバーであるということがいえます。

    自分のサイトを立ち上げる理由は、多くに人に自分のサイトを見てもらうために行うことが通常なので、せっかくアクセス数が増えているのに、自分のサイトが見られない状態になるということは致命的な問題になってきます。


    特に商用目的でサイトをアップしているような場合は、収入にも影響が出てきます。


    このようなネットワーク回線のパンクが起きないようなサーバーをレンタルするためには、少なくとも1Gbps以上のレンタルサーバーを選択するとよいでしょう。
    また、サーバーが設置されている場所についても、ある程度気に留めておく必要があります。

    例えば、サーバーが海外にある場合は、サーバーの応答に遅いケースがありますから注意が必要になってきます。

    教えて!gooに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

    サーバーによってはデータ転送量に上限を設けている会社もありますが、このような場合は、自分のサイトに訪れたユーザーがファイルなどのダウンロードができなくなってしまうことがあるので注意が必要になってきます。